保険を安くするコツ

1. 他社の保険見積を取ってみる
保険の内容などちゃんと説明を聞いたりパンフレットを見たからわかって いると思っても保険の種類や特約など大変複雑です。 代理店で契約している人は営業の人に聞けば詳しく説明してくれますがその前に他社の契約と比べてみましょう。
 
めんどうでも自分で契約内容を入力しいるとどんな保険で補償額や特約がなんとなくわかって来ます。 私も入力していて自分の知識の無さにびっくりしました。 ずいぶん無駄な部分が有りましたしサービスも会社ごとで大変違います。
 
保険会社を変える予定が無くても一度無料見積をすると契約更新の時に大変役に立ちます。 保険会社別に価格やサービスは違いますし、特に割引き制度が各社特色がありますので
なるべく多くの会社から見積を取ると良いのですが見積もりには入力項目も多いので一括見積サイトで1度の入力で最大15社の自動車保険の無料見積を取ってみよう。    
 
2. 自動車保険を使わない
保険に入っているのに保険を使わないのは変ですが、まず事故を起こさないように注意して安全運転をする事です、万が一事故を起こしても軽微の場合は保険を使うか良く考えましょう。
 
任意保険では無事故を続ける優良ドライバイーは毎年保険料を安くし、事故を起こして保険を使ったドライバーは保険料を高くするシステムになっています。(=ノンフリート等級制度) 保険各社が16から20の等級に分けて「割引」もしくは「割増」の率を定めており、無事故で1年過ごすと毎年1等級ずつランクが上がり「割引率」も上がっていくのですが、事故を起こして保険を使った場合は1回でいっきに3等級ランクが下がります。
 
等級によりますが保険料が最大40%も変わります、事故を起こしても保険を使わなければランクは下がりません。費用が5万円程度までならどちらが得か計算したほうがよいです。
 
3. 割引きをフルに活用する。
まず運転者を家族に限定することで5%程度の割引を受けられます。
次に可能なら運転者年齢制限に加入します。「年齢を問わず担保」の場合30%割増からのスタートになりますが、「26歳未満不担保」の場合は割増はありません、また保険会社による細かい年齢制限割引きがあります
 
3. 自動車を変える。
自動車保険の為に車を変える人はいないと思いますが、新しく買う場合や買い換える場合も費用の中に自動車保険も入れて考えましょう。
 
まず安全性の高い車は安くなる。
 ABSや衝突安全ボディ、エアバッグなどで割引きがあります。
スポーツカーや排気量が大きいと高くなる。
 任意保険は車両の用途や車種により保険料が違います。
 特に車両保険では事故率の高い車種ほど保険料が高く設定されてます。
車を買う前にも自動車保険の見積りを取ってみましょう。

自動車保険は安くなる

札幌市にお住まいならここで今までの保障と同じでも保険料がグット安くなります。
自動車保険は毎年条件が変わります、更新前に一度確認してみましょう。








  Copyrightc 2004 ffj.jp. All rights reserved.| トップ|