交通事故

法律上の責任が発生します。
 1.行政上の責任
  運転免許の停止や取り消し等の処分を受けます。
 2.刑事上の責任
  傷害事故や死亡事故、無免許や酒酔い運転などの場合、刑法や道路交通法によって処罰されます。
 3.民事上の責任
  民法の規則によって、損害を賠償しなければなりません。
賠償の責任が発生します。
 1.人身事故の場合
  営業車の場合、「自動車損害賠償保障法」に基づいて、加害者本人だけでなく、使用者(その雇い主)や運行供用者も責任を負います。運行供用者というのは「自己のために自動車を運行の用に供する者」、たとえば車の所有者である運送会社のことです。
 2.物損事故の場合
  加害者本人とその使用者が責任を負います。
賠償責任は双方にあります。
 「過失相殺」といって、賠償額を決める際に被害者の過失も考慮され 賠償額から減額されることになります。 
 


  Copyrightc 2004 ffj.jp. All rights reserved.| トップ|