FFJ誕生花、花言葉 たんじょうばな、はなことば、占い

11月15日の誕生花、花言葉、占い

11月15日 花薄荷
は な は っ か
オレガノ
学名: Origanum vulgare L.
英名: Origano
【 花 言 葉 】
輝 き
 
占い、お得な情報
11月15日生まれ人はこんな性格
大胆で勇気があり、決断力がすぐれています。どんなことでもズバッズバッと決めていく潔さは、他の人にはマネのできないところです。ただ、短気で物事を深く考えるのは苦手なので、そのときそのときの判断は正しくても、長期的に見るとけっこう間違った方向へいってしまうことが少なくありません。その点には十分注意が必要です。
    11月15日が誕生日の有名人(平成26年誕生日年齢)
  • 2003年: 延命杏咲実 子役 11才
  • 1997年: 秋本帆華 アイドル(チームしゃちほこ) 17才
  • 1994年: 松本あやか タレント 20才
  • 1993年: 紗綾 グラビアアイドル 女優 21才
  • 1992年: 峯岸みなみ アイドル(AKB48) 22才
  • 1991年: 南登千明 女優 子役 23才
  • 1990年: 本郷奏多 俳優 24才
  • 1990年: 谷澤恵里香 タレント アイドル(アイドリング!!!7号) 24才
  • 1986年: 福田悠太 ジャニーズJr.M.A.D.のメンバー 28才
  • 1986年: 飯泉学 俳優 28才
  • 1982年: 久保田祐佳 NHKアナウンサー 32才
  • 1982年: 白石みき タレント 32才
  • 1982年: 平井理央 タレント元フジテレビアナウンサー 32才
  • 1982年: 久志麻理奈 アイドル・元チェキッ娘 32才
  • 1980年: 竹仲絵里 シンガーソングライター 34才
  • 1977年: 増田みのり アナウンサー 37才
  • 1974年: やついいちろう お笑い芸人(エレキコミック) 40才
  • 1972年: 中村靖日 俳優 42才
  • 1970年: パトリック・エムボマ 元サッカー選手 44才
  • 1970年: 平山祐介 俳優 ファッションモデル 44才
  • 1968年: 福井晴敏 小説家 46才
  • 1967年: 米倉紀之子 女優 47才
  • 1965年: 秋山嘉子 声優 俳優 49才
  • 1964年: 土門秀明 ギタリスト バスカー 50才
  • 1958年: 三浦リカ 女優 56才
  • 1957年: 中島啓江 オペラ歌手 57才
  • 1950年: 遠藤ミチロウ ロックミュージシャン 64才
  • 1939年: 加藤みどり 声優 75才
  • 1939年: 神田川俊郎 日本料理人 75才
  • 1939年: しのだひでお 漫画家 75才
  • 1935年: 肝付兼太 声優 79才
  • 1935年: 小林久三 小説家 [2006年]
  • 1934年: 内田康夫 推理作家 80才
  • 1930年: 笹沢左保 小説家 [2002年]
  • 1927年: 森三平太 俳優 [2006年]
  • 1913年: 宮口精二 俳優 [1985年]
  • 1906年: 久保為義 映画監督 [1942年]
  • 1906年: 野々村一男 彫刻家 [2008年]
  • 1905年: 原民喜 小説家 詩人 童話作家 [1951年]
  • 1905年: 浪越徳治郎 指圧師 [2000年]
  • 1903年: 星野立子 俳人 [1984年]
  • 1896年: 大下宇陀児 探偵小説家 [1966年]
  • 1890年: 富田砕花 詩人 歌人 [1984年]
  • 1887年: 芦田均 第47代内閣総理大臣 法学博士 [1959年]
  • 1885年: 野尻抱影 随筆家 [1977年]
  • 1875年: 宇野哲人 漢文学者 [1974年]
  • 1872年(明治5年10月15日): 岡本綺堂 小説家 [1939年]
  • 1862年: ゲアハルト・ハウプトマン 劇作家 [1946年]
  • 1834年: 宇都宮三郎 軍学者 [1902年]
  • 1815年(文化12年10月15日): 田崎草雲 南画家 [1898年]
 
 


 



0 誕生花 花言葉カレンダー

1月誕生花
5月誕生花
9月誕生花
2月誕生花
6月誕生花
10月誕生花
3月誕生花
7月誕生花
11月誕生花
4月誕生花
8月誕生花
12月誕生花
 他の本日誕生花(誕生花は複数有ります)

オウゴンハギ 謙遜・成功・思いのまま
ハイビスカス(白) 艶美・繊細な美
・ハコリス 悲しき思い出
バラ(オレンジ) すこやか

 今日の記念日 由来 趣旨
七五三
・15日になっている理由は7+5+3=15であるため。
・公家や武家での習慣が一般化した
・数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に子の成長を祝い、神社や寺院に参詣する行事。
昆布の日
・「七五三」のお祝いの日に因む
・社団法人日本昆布協会が1982年に制定。
・「七五三」のお祝いにあたるこの日に、昆布を食べ元気に育って欲しいという願いを込めて、
きものの日
・「七五三」のお祝いの日に因む
・全日本きもの振興会が1966年に制定。
・七五三の日に、家族そろって着物で出かけてほしいとの願いから。
きものの日
・古くから七五三のお宮参りの日であり、子どもたちの成長を願う日として、きもの姿が似合う日であるこの日を記念日として
・日本きもの連盟。
・きものを着る運動のシンボル的な日として、きものの美しさ、文化的な要素をアピールしていく。[記念日協会]
かまぼこの日
・蒲鉾が初めて文献に登場したのが永久3年(1115年)の祝宴の膳の図に描かれていたものとされていることから、1115年の数字の並びから11月15日を記念日とした。又、昔は七五三のお祝い料理に、子供の成長を祝って紅白のかまぼこを用意していたことから、11月15日をかまぼこの日としたということからだそうです。
・全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が1983年に制定。
・蒲鉾の
生コンクリート記念日
・1949年のこの日に生コンクリートが初めて市場に出荷された。
・全国生コンクリート工業組合連合会が制定。
・生コンクリートが初めて市場に出荷されたことを記念。
のど飴の日
・日付は発売月の11月と、11月中旬より最低気温が一桁になりのど飴の需要期になること、11と15で「いいひと声」と読む語呂合わせなどから。
・カンロ株式会社が制定。
・2011年の「健康のど飴」発売30周年を記念したもの。[記念日協会]
口腔がん検診の日
・2008年11月15日に開催された「第21回・日本歯科医学総会」において、口腔がん検診の普及をテーマにシンポジウムが行われ、口腔がん撲滅運動のシンボル「レッド&ホワイトリボン」が発表された。
・社団法人東京都玉川歯科医師会が制定。
・口腔がん撲滅運動のシンボル「レッド&ホワイトリボン」が発表された。このことを記念して口腔がん検診の普及と啓発を目的に、[記念日協会]
蔵(KURA)の日
・信州を愛する大人の情報誌「KURA」(くら)の創刊日(2001年11月15日)を記念して、
・長野県長野市のカントリープレスが制定。
・「KURA」は知恵や資産の詰まった蔵になぞらえ、信州の暮らしに関わる「情報の蔵」を目指す月刊誌。[記念日協会]
 Copylight(C)2003 FFJ All Right Reserved